2017.10.13

コンシェルジュブログ

室内干しのメリット・デメリットそして秋冬にオススメのハンガーをご紹介

e647cb61512b658b3a66dfd0749ec10f_s.jpg

こんにちは、暮らしのコンシェルジュです。今回は前回に続いてこの季節からさらに活躍していく室内干しについてを取り上げていきたいと思います。僕の周りの友人に話をきいてみても部屋干しは今やメジャーな洗濯方法になっているなあと感じていますが、今回はそのメリット、デメリットを中心に取り上げていきますね。

部屋干しのニーズ

冒頭でも書きましたが室内干しというのはごく一般化してきているというか、洗濯のスタンダードになってきている印象がありますね。ある調査によると「日常的に室内干しを行う」といった人はここ10年でなんと7倍まで増えたそう。全体の割合でいうと日常的に洗濯物を室内に干している人は年代に関係なく全体の約3割に上ることがわかっています。

その理由としては

・働く女性が増えたことで、洗濯の時間が昼から夜へ。時短化のニーズが増える

・単身者が増加した

・ゲリラ豪雨の増加、PM2.5や花粉症の対策として

・仕事でも服装がカジュアル化したこと

などが背景 となっています。共働きの増加、単身者の増加、天候や自然、ライフスタイルの変化とこれらの要素は増加することこそあれ、減少することはないと考えられるため、今後も室内干しのニーズは増え続けると考えられます。

1013_001.jpg

室内干しのメリット

0f09c0f021a97a9d9a20060b2225f961_s.jpg

室内干しのメリットとして上記のニーズとも連動していますが

・干す時間を気にしなくて良い(63%)

・天気、天候を気にしなくて良い(47%)

・花粉やホコリ、PM2.5などの対策(46%)

・防犯対策(23%)

といった理由が挙げられます。室内干しのメリットとニーズが綺麗に連携しているのがわかりますね。

1013_002.jpg

室内干しのデメリット

2d4053bbd088af9bcb921b99ce7a87d3_s.jpg

ここからがこの記事の本番。では室内干しのデメリットはどういったものが挙げられるのでしょうか?室内干しのデメリットとしては

・乾きにくい(81%)

・嫌な臭いがする(60%)

・洗濯物に湿っぽさが残る(53%)

といったものになっています(※洗濯物に関するポイントのみ抽出)

1013_003.jpg

これは実際に室内干し経験者はみんな経験的にわかっているところなのではないかと思います。確かに室内干しは乾きにくく室内干しをしている部屋からは独特の臭いがしますよね。そして室内干しが失敗して洗濯物が湿っぽく、服に生乾き臭がただよってしまうともう最悪。。。 

このデメリットの1位から3位には全てが連動しています。というのも衣類の嫌なニオイは洗濯で落としきれなかった菌や汚れ、カビなどが原因。室内干しが一番活躍する秋や梅雨の時期などの室内の湿度が高い時期は洗濯物がなかなか乾かないせいで、干している間に皮脂汚れやアカが変化して嫌なニオイを出したり雑菌が繁殖してしまっています。ニオイを発生させないためには、「早く乾かす」ことが重要になってくるのです。つまり、上記のデメリットのアンケートの1位である室内干しの乾きにくさを解消できれば、3位の洗濯ものの湿っぽさが解消され、同時に2位の嫌なニオイも解消されるということがわかりますね!

洗濯物が乾くまで(室内干しと外干しの比較)

84027298c591b1c6296bffde97994922_s.jpg

一般的に洗濯物が乾くまでにかかる時間は外干しで 

春:5時間 夏:2~3時間 秋:5時間 冬:6時間以上

と言われています。

室内干しはこの外干しの時間の倍が目安と言われています。つまり夏以外の季節に室内干しを行うと半日近くの時間が必要になってしまうということですね。また興味深いデータとして一般的に5時間以内に洗濯物を乾かすことができればニオイの発生を抑えることができるといわれています。

洗濯物を早く乾かす

40f58b5d54ba03eead64bbbf1e66bcd3_s.jpg

それでは、洗濯物を早く乾かすにはどうすればいいのかを考えていきましょう。洗濯物を早く乾かすには一般的に

・エアコンや除湿機、扇風機など洗濯物が乾きやすくなるための環境を整える

・干し方を工夫する(アーチ干し)

・風が当たるように工夫する

といった対処法があります。この中でアイセンとして特に強くご提案できるのは「風が当たるようになる工夫をする」という点。このポイントを掘り下げてみましょう。

・風が当たるように工夫する

e4aed35f0ccbe82de0bf043396616dc9_s.jpg

風が当たるようにする工夫としては一般的に洗濯物を風の通り道に置いたり、洗濯物のあいだにこぶし大の間隔を開けゆったりと干す、タオルなどは風が当たる面積を増やすため折り返しの位置を変更することによって風の通り道を作る、などがあります。洗濯物を干す時はカーテンレールや、お部屋の端などが多くなりがちですが、風の抜けを意識した、お部屋の中央や鴨居、空気の通りの良い廊下などに干すとより乾きが早くなります。

WING風通しハンガーがオススメ

_M2A0292.JPG

このように風を通り抜けやすくする商品としてアイセンでは「WING風通しハンガー」をオススメしています。この商品は様々なところで洗濯物を干すことができ、室内干しがしやすくなる機能を揃えていると同時にアームが広がって洗濯ものの間隔をあけることができるので風の通りが良くり洗濯物を早く乾かすことが可能になるという便利グッズです。まさしく室内干しで洗濯物を早く乾かしたい方や生乾きの嫌なニオイが気になる方にぜひオススメ。使用方法はこちらの動画もご覧ください。

Magazine Leyout 2017-10-13 16.17.40.jpghttps://youtu.be/g8JYo5EInlQ

こちらの楽天サイトにてお取り扱いをしています。これからの室内干しが活躍する時期に合わせてぜひお使いください。

室内干しのメリット・デメリットそして秋冬にオススメのハンガーをご紹介
コンシェルジュブログ

暮らしのコンシェルジュ

日々の生活のちょっとしたお役立ちネタや、知ってると得するネタなど暮らしにまつわる情報を中心に発信しています。

最近投稿した記事

MENUclose

製品情報
メディア情報
aisenのものづくり
ブログ
企業情報
デジタルカタログ
お問い合わせ
サイトマップ

MEDIA